目立つところにあるできものを治療しよう|いぼの施術法を徹底解説

いぼの悩みはココに相談!!

自分の希望に合わせて選ぶ

顔を触る人

いぼの治療をする場合は、液体窒素やレーザー、メスで切除等の方法が選ばれていますが、病院によっても方法は違います。費用、施術法、アクセス条件等様々な点を比較検討し、定期的に通っても負担になりにくい所を選ぶようにします。

種類によって違う治し方

ナース

治療をするしないに関わらず、いぼができた時はまず病院にかかり、しっかりと種類を知ることが大切です。「加齢が原因だから大丈夫」と放置したいぼがウイルス性の場合もあるからです。安易に判断して処理をせず、適切な知識を得ることが大切です。

茶色いぶつぶつを撃退

カウンセリング

根本的に治すには

女性の美に対する悩みやいつになっても尽きませんよね。それはいぼに対しても同じです。特に顔や首周りなどに出来るいぼは周りの目にもつくのでかなり気になります。なんとかして治したいけどどうしたら良いのかわからない、という方にいくつか治療法をご紹介します。まず始めにいぼについてですが、皮膚にできた「できもの」のことを言います。主な原因としては傷などから侵入してきたウイルスや紫外線によって肌がダメージを受けることによって起きます。治療効果を高めるためにもこれらの原因はなるべく排除しておくようにしましょう。さて、いぼの治療についてですがこれらは皮膚科や美容外来で受けることが出来ます。主な治療方法としては液体窒素、レーザーや外・内用薬などを使って行います。中でも特に液体窒素は簡単で効果があるとして人気です。液体窒素はマイナス100度以上にもなるので肌に当てると低音やけどを起こします。それによって皮膚の細胞を壊死させいぼの部分を取り除くという方法です。低温やけどを起こすのですから多少の痛みはともないますが施術時間は5分ほどとかなり短いです。さらに原因となる細胞を取り除くので根本的解決に繋がります。その後一週間ほど様子をみて、完全になくなるまで数回ほど続けます。いぼの状態によって変化しますが平均3〜5回ほどで終了するといわれています。液体窒素は昔からある方法ですが、最近ではレーザーを使った施術も増え、注目が高まっています。レーザーも同じように患部に当てて取り除いていきます。特徴はほぼ液体窒素と似ているのですが、値段に多少の違いがあります。液体窒素は一回1000円ほどで行うことが出来ますが、レーザーは5000円ほどかかります。この値段は保険が利くかどうかによって違いが出てきます。レーザーは保険が適用されないため高いのです。ではなぜ高くても人気がでているのでしょうか。これはレーザー治療のほうが施術可能ないぼの種類が多く、なおかつ痛みが少ないからです。液体窒素では治療できないと言われたけどいぼをなくしたい方や痛みを抑えたいという方にオススメです。最近では保険の対象となっているところも増え、徐々に値段は安くなってきているようです。続いては外・内用薬ですがこれらは液体窒素などの治療と併用して行うことで効果を早めてくれます。また治療するほどではないけどいぼをなくしたいという方も使用することが出来ます。液体窒素などはその場ですぐにいぼを取り除くことが出来ますがこれらは効果が出るのに多少の時間はかかります。そのことから長期的に見て少しずつなくしたい方向けです。さて、これまでいくつかの方法を紹介していきましたがそれぞれの方法によって特徴は様々です。自分好みのやり方でしていただいて良いのですが、まずは専門の方に見てもらいましょう。また値段や方法も各クリニックごとで違うので理解した上で施術してください。レーザーの部分でも説明しましたが保険が適用されるかどうかは特に注意して確認してください。治療以外にも痛み止めやアフターケアなどでお金がさらにかかる恐れがあるからです。自分にあった方法で安全に行っていただき、一日でも早くキレイなお肌を手に入れてくださいね。

口コミを参考に探そう

顔を触る人

いぼ治療を美容外科で受ける場合、経験や実績が豊富な医師に施術を依頼するよう心掛けましょう。最新の医療設備が整い、衛生環境も優れた美容外科を選ぶ事が大切です。インターネット上に投稿されている、口コミ等も参考にするよう心掛けましょう。