目立つところにあるできものを治療しよう|いぼの施術法を徹底解説

医者
  1. ホーム
  2. 口コミを参考に探そう

口コミを参考に探そう

顔を触る人

自信が取り戻せる

いぼとは疣贅(ゆうぜい)の事です。いぼに一つは老人性疣贅(脂漏性角化症)と呼ばれており、加齢が原因の1つだと考えられています。数mmから1cm程度の大きさで、黒褐色から黒色をしているものの良性の腫瘍ですから心配する必要はありません。首筋に出来る数mm程度の老人性疣贅は、スキンタッグと呼ばれています。老人性疣贅は、人から人へ感染する事はありません。皮膚の表面にある細胞(ケラチノサイト)が異常増殖し、盛り上がることによって生成されると考えられています。60歳以上の約80%に老人性疣贅があると言われており、見た目が気になってしまう方は一度治療して貰ったほうが良いでしょう。圧倒的多数の方が、美容外科でいぼの治療を受けています。その理由は、傷跡が殆ど目立たないからという点に他なりません。そもそも美容外科は、顔や皮膚など見た目の美しさを保ち続ける為の治療を、専門的に行っています。女性の大半が、傷跡が残ってしまう事だけは何としてでも避けたいと考えているものです。ケアの後に傷跡を残したくない、仕上がりの美しさに期待したい方は美容外科を選択したほうが良いでしょう。美容外科で行っているいぼの治療法には、切除法と電気凝固法の2種類があります。液体窒素を使って、ケアする方法もありますが何度も通院しなければならないケースが多い為、面倒臭さを感じてしまうものです。また窒素の影響で、周辺の皮膚が炎症後色素沈着を起こしてしまう可能性があります。切除法は局所麻酔をした後、いぼとその周辺を切除し縫合するという方法です。電気凝固法は局所麻酔を行った後、高周波の電気でいぼをを蒸散させ除去するという方法です。いぼが複数ある場合でも、同時に除去出来ますので手間が掛かりません。美容外科で治療を受ける場合、気を付けて頂きたい点が幾つかあります。まず何より、事前にカウンセリングを受けて欲しいという点です。不安や悩み、疑問点等あれば担当する医師へ徹底的にそれらをぶつけて下さい。患者が納得出来るまで、とことん付き合って下さいます。次に、抜群の医療環境が整っている美容外科を選んで頂きたいという点です。大手クリニックでは、医師が常に常駐しています。何らかのトラブルが生じた際、いち早く対応して貰える点が魅力的です。技術力が格段に向上した影響もあってか、日帰りでケアが行える時代になりました。当日を含め3〜4日程度設けるだけで、気にあるいぼを早めに取り除く事が出来ます。クリニック内は常に清潔な状態が保たれていますので、衛生環境に不満を感じる事はありません。そして経験・実績が豊富な医師を選んで頂きたいという点です。いぼの手術を数多くこなしている医師に施術を依頼した場合、失敗することや見た目が悪くなる可能性は殆どありません。また手術前のみならず、手術後のケアが充実している美容外科を選ぶよう心掛けましょう。成果が確認出来るまで、定期的にフォローして下さいますので安心して手術を受ける事が出来ます。美容外科での施術に踏み切る場合、成功するか否かは「美容外科選び」に掛かっていると言っても過言ではありません。最新の医療設備が整っており、口コミでの評判が良い美容外科を選びましょう。